WEBデザイナーズNEXT

Webデザイナー

404ページを作りこむだけで離脱率が変化?

カテゴリー:HTML
Pocket

404_Notfound

Web製作者であれば404ページというものを作成したことがあると思いますが、404ページを適当に作っていたりしませんか?404ページを作りこむだけで離脱率に変化が出る事を知っていますか?

今回は404ページの作り込みとWebデザイナーが意識すべき点をまとめてみました。

スポンサードリンク

404ページとは?

まずは404ページというものは何なのかを説明します。404ページとは簡単に説明するとリンク切れやURLの記述ミスで「アクセスしたページが存在しない」時に表示されるページの事です。

「404」とか「NotFound」などと表記されます。

そんなページ見た事ない。どうでもよいページ。などと考えられる事も多いのですが、404ページって意外と重要なんです。

404ページにアクセスしてきた人の目的

Google検索で調べものをしていたのに、そのページが存在しなかった。
以前お気に入りに入れていたのに、そのページがなくなっていた。

このような人は、確実に以前のページに興味を持っていた人なんです。その為、近いページを探したいと思うはずです。

しかし、404ページに「Not Found」しか表示されなかったらどうでしょうか?

1秒でページは閉じられ、10秒以内にお気に入りから削除されるでしょう。ECサイトであれば顧客が1人減り、ブログであれば閲覧者が1人失われるという事になります。そのような事を回避する為にも404ページを作りこむ必要があるという訳です。

Webデザイナーは404ページをどのように作りこむべきか

まずは当サイト「WEBデザイナーズNEXT」の404ページをご覧ください。URLはドメイン以降は適当でOKです。

http://web-dsn.com/hogehoge.jp
※適当なURL例

404ページを見てもらいつつ、どのように作り込むべきかをまとめていきます。

すでにないページである事を伝える

404とかNotFoundとかって、ITに詳しくない人が見たら訳がわからなかったりします。できれば、日本語でわかりやすく伝えてあげる事が重要なのではないでしょうか。

当サイトでは以下のようにしています。

「あなたがアクセスした記事は既に削除されたか変更されています。」

このようにすれば誰が見てもわかりますよね?

トップページへの誘導を行う

次に、トップページへのリンクを張っています。基本的にはトップページへのリンクを貼るのが親切だと思いますが、検索できるようにしてあげるのもいいかもしれませんね。

新着記事を載せて興味を引く

新着記事一覧には日付もきちんと入れましょう。このサイトがどんどん更新されているというアピールにも繋がります。そこに興味のある記事があれば、必ずクリックされるはずです。

更新をほとんどしないサイトは日付を入れない方が良いでしょう。

デザインは他ページと踏襲する

勿論ですが、デザインは他のページと同じような作りにしておきましょう。たまに404ページだけ真っ白なページに文字だけ書かれているものを見かけますが、それでは離脱してくださいと言っているようなものです。デザインを他ページに合わせるのは絶対必要なんです。

Webデザイナーは404ページをどのように作りこむべきか まとめ

404ページは、作り込まなければ必ず離脱されてしまいます。「興味を持ってもらう」という事を前提に作り込みを行えば、離脱させない事もできるんです。間違っても広告だらけのページなどにはしないようにご注意ください。

SEO的な概念から見る404ページ

ネットサーフィンをしているユーザーだけでなく、検索エンジンのクローラーも404ページを徘徊します。リンクが全然ないとクローラーはそこで止まってしまいますが、リンクがあればそこを辿ってクローラーが回遊します。

そう考えるとSEO的にも404ページはしっかり作り込んだ方が良い事がわかります。

404ページを作りこむだけで離脱率が変化? まとめ

離脱率
いかがだったでしょうか?
404ページを作りこむなんて時間の無駄…なんて思っている人も多かったのではないでしょうか?

Webデザイナーは見た目のデザインだけでなく、離脱率の事も真剣に考えていかなければなりません。これから先、404ページを作る機会があったら色々な目線でよく考えて作り込みを行ってみてください。

スポンサードリンク

Pocket

カテゴリー:HTML
WEBデザイナーズNEXT TOP