WEBデザイナーズNEXT

Webデザイナー

今さら聞けない!jQueryって何?

カテゴリー:Web制作者コラム
Pocket

jQuery

ここ数年の間で「jQuery」という言葉を良く使うようになりました。とっても簡単にリッチな動きが作れるjQueryは今のWeb製作現場では欠かす事ができません。
ただ、jQueryというものが一体何なのか?をわかっていない人が沢山いるのも事実です。

なので今回はjQueryについてまとめてみました。

スポンサードリンク

ちなみに以前、jQueryの事をまとめたのは、あくまで製作側の話としてまとめました。制作者の方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。
【はじめてのjQuery】 jQueryとは?

今回はあくまで「知識編」といった所でしょうか。jQueryの事をもっと詳しく知りたいって方向けにまとめています。

jQueryとは何なのか?

jQueryというのはJavascriptを使えない人でも簡単に使えるように作られたライブラリの事なんです。
つまり、「初心者でも使えるJavascriptお手軽セット」といった感じです。

「javaScript = jQuery」と思っている人や「javaScriptとjQueryは完全に別物」と考えている人も多いですが、実はどちらもニュアンスとしては間違っているんです。

jQueryを使ってやれる事

jQueryを使うと何ができるのか?それはjQueryという言葉を日常的に使っている人なら大体わかっていると思います。

トップビジュアルをスライダーにしてみたり、ナビゲーションをリッチにしてみたり、アコーディオンを設置したり…つまり動きのあるコンテンツを比較的簡単に作る事ができます。

jQueryを使うメリットとデメリット

jQueryは初心者でも使いやすいし、最近のWeb製作では欠かす事ができません。しかし、メリットもある一方で、デメリットも多いんです。
そこを理解してjQueryを使わなければなりません。

jQueryを使うメリット

ざっくり考えると、簡単にリッチなコンテンツが作れるという所でしょうか。
基本的にはjavaScritptを全く理解していない人でも使えるのでとっても便利なんですね。

また、汎用性が高いのでカスタマイズもやりやすくなっています。
商用利用で考えると、有償のライブラリもありますが、無料で使えるものもとっても多いのでありがたいですね。

jQueryを使うデメリット

javaScriptの知識がない人でもカスタマイズしやすいように作られているため、逆に不要な機能も詰め込まれています。
その為、ちょっとした動きなのに重い…というデメリットがあります。

javaScriptをある程度書ける人であれば、わざわざjQueryを使わない方が良いケースも多いんですよね。

また、個人的に利用するのであれば大きなカスタマイズをする必要はありませんが、仕事で使う場合は必ずと言っていいほどカスタマイズを求められます。

「この部分をこうしたいんだけど…」と言われた時に、やはりファイルにコードを追加したりする必要が出てきます。ある程度javaScriptの知識は必要になってきてしまうんです。

注意事項

jQueryを使用する時にはいくつか注意しなければなりません。その部分をまとめてみました。

組み込み過ぎに注意

jQueryを組み込みすぎると非常に重くなってしまうので、ユーザーストレスになりやすいです。ユーザーの事を第一に考えて使うようにしましょう。
jQueryを使うと面白い動きを作る事ができるので、ついつい沢山使ってしまいがちになりますが、必要なものだけを選択していくべきなんです。

SSL環境に注意

同じように作ったのに「SSL環境」だと動かない…というケースもあります。
まぁ、jQueryのパスが「http」になってただけ…なんてこともあるのですが、SSL環境でもきちんと動くように作りましょう。

ライセンスに注意

特に商用利用で使う場合は有償のものもあるので注意しましょう。
MITライセンスのものはダウンロードしたjsファイルのヘッダーにある著作権表記を消さない限りほとんど制限はないので問題ないでしょう。

jQueryのバージョンによって動かないものもある

2.X系のjQueryを設置したのに、このライブラリは動かない…なんてことはよくある事です。
そんな時は複数のバージョンを使わなければなりません。複数のバージョンのjQueryを使う時は特に動作確認をしっかり行いましょう。

まとめ

jQueryについてはこんな所でしょうか。

私の場合、リッチなWebページを作りたい時は以下のような感じで考えています。

  • 1.使えそうなjQueryがある場合はjQueryを使う
  • 2.簡単な処理の場合や、希望のjQueryが見つからない時はjavaScriptを1から書く
  • 3.アニメーションベースの物の場合は「Canvas」を使う

こんな感じでしょうかね。
jQueryはとっても使いやすいライブラリですが、「リッチな動きを作る = jQuery」と考える必要はないと思います。

この動きを作るためには何を使うのが最適なのかを考え、実装するのが一番良いんじゃないかなと私は思います。

こんな記事もどうですか?
今さら聞けない!CMSって何?

スポンサードリンク

Pocket

カテゴリー:Web制作者コラム
WEBデザイナーズNEXT TOP