WEBデザイナーズNEXT

Webデザイナー

WebデザイナーがWeb制作以外に副業をする理由

カテゴリー:Web制作者コラム
Pocket

Webデザイナーの副業

ここ10年ぐらいで「ネット副業」というのがすごく増えた気がします。ネット副業は自宅で空いた時間に手軽にできるという大きなメリットがありますよね。

フリーランスのWebデザイナーもWeb制作以外の副業をしている人はすごく多いんです。今回は、Webデザイナーに向いている副業をまとめてみました。

スポンサードリンク

なぜWebデザイナーは副業をするのか?

基本的にWeb制作のお仕事って「受注案件」がベースになっています。

  • (1)クライアントまたは代理店から制作のお仕事が来る
  • (2)Webデザイナーが制作を行う
  • (3)報酬を受け取る

このような流れが一般的です。

当たり前といっては当たり前なのですが、このスタイルだけで仕事をしていると大きな不安を感じてきます。

「仕事がいつなくなるかわからない…」
「毎月安定した報酬を受け取りたい…」

このような不安を抱えているWebデザイナーはとっても多いんです。だからこそWeb制作以外の副業をしてみよう!…となる訳です。

Webデザイナーにはどのような副業が向いているのか?

副業を頑張りすぎて本業であるWeb制作の仕事がおろそかになってしまえば本末転倒です。その為、本業であるWeb制作に影響が出にくい副業をするべきなんです。

でも、Webデザイナーの仕事って結構ハードなんですよね…。まとまった時間を副業に充てる事はなかなかできないんです。

いつクライアントから電話がかかってくるかわからない…
緊急の修正が来るかもしれない…

そう考えると、仕事場から離れて副業をする訳にはいきません。仕事場にいながら、空いた時間にコツコツできるような副業しか選択肢はないんですよね。
基本は「ネット副業」という事になるでしょう。

Webデザイナーが選ぶ副業の種類

副業をしても全然稼げなかったら意味がありません。
お金の不安を解消する為に副業をするのに、不安を解消するどころか自分を追い詰めるだけという結果になってしまいます。

そうならないように、自分の能力を最大限に生かせて稼げる副業を選ぶべきだと私は思っています。

能力別にどのような副業が向いているのかをピックアップしてみました。

Webサイトの制作ができる → アフィリエイトを行う

これは当然なので言うまでもないんですけどね…。
副業をする上で、Webデザイナーがホームページやブログを作れるというのは大きなメリットになります。。

経験の長い方であれば、コンバージョンに繋がる導線の構築方法もわかるでしょうし、サクサクっとサイトを立ち上げられるのは、Webデザイナーの特権と言えるのではないでしょうか。

この能力を活かせるのは「アフィリエイト」だと思っています。

アフィリエイトというのは、ブログなどのWebサイトに広告を貼って、そこから広告収入を得るというものです。

Webデザイナー以外の方はほとんどブログテンプレートのようなものを使っているのですが、Webデザイナーであれば独自のテンプレートで勝負する事ができます。
広告からのコンバージョンを高めるようなページを作ったり、しっかりと売上を作る為の導線を構築する事ができます。

Webデザイナーの副業として一番最適なのがこのアフィリエイトだと私は思います。

今さらアフィリエイトなんて…

と思う方もいるかもしれませが、アフィリエイトでの報酬って結構バカにならないんですよね。すぐに大きな報酬を得られるわけではないですが、コツコツと毎日ブログを更新すれば1年~3年後にはお金の不安が解消されるほど稼げるようになっている可能性はおおいにあります。

アフィリエイトをしている人のほとんどは業界最大手である「A8.net」というASPを使っています。ちなみに私も昔からA8さんを使っています。登録料などは一切かからないので、興味のある人は覗いてみてくださいね。

タイピングが速い → 記事を書く仕事をする

最近すごく流行っているのが「クラウドソーシング」での副業です。

クラウドソーシングというのは「仕事を持っている人(企業や個人)」と「仕事をしたい人(主に個人)」を繋ぐマッチングサイトの事を指します。主婦やフリーランスの方にとても人気で、手軽に仕事ができるというのが大きな魅力の一つではないでしょうか。

クラウドソーシングではWeb制作の仕事からロゴ制作の仕事、バナー作成の仕事など様々なものがあります。でも、デザイナーでない限り制作案件のお仕事なんてできないじゃないですか?

そこで人気があるのが「記事を書く仕事」なんです。

企業が様々な体験談などを募集していて、その記事を書くと数百円ぐらいの報酬が受け取れます。

例)
「今までかかった病気の中で一番つらい体験をしたものを500文字以上で書いてください」
「子育てにおいて一番こだわっている事を500文字以上で書いてください」

…とこんな感じですね。

誰でも書けるような「体験談」を書くお仕事が多いので、ハードルがとても低くて人気があります。早い人だと500文字15分~30分ぐらいで書けてしまうので、時給800円~1000円ぐらいは可能だと思います。

自分の好きな時間にやりたいだけやれる…というのが記事作成の仕事が人気な理由ですね。Webデザイナーはタイピングが得意の人が多いので、空いた時間にちょこっとやってみるのも良いかもしれません。

まとめ

「ネット副業」という言葉が流行り出してから、自宅や仕事場でできる副業は本当に増えてきました。

Webデザイナーは安定する職業ではないと思います。そんなWebデザイナーが安定した収入を得る為には、アフィリエイトのように広告収入を得る仕組みを作るか、いつでも仕事ができるクラウドソーシングなどのサービスを使っていくしかないんですよね。

Webデザイナーがアフィリエイトを初めてから、本業の3倍以上稼げるようになった…なんて話も聞きますしね。Web制作の仕事だけでは少し不安…という方は、副業を検討してみるのも良いと思います。

スポンサードリンク

Pocket

カテゴリー:Web制作者コラム
WEBデザイナーズNEXT TOP